ゆったり楽しめる!鬼子母神周辺のグルメやドラマ現場などの周辺情報

鬼子母神の周辺情報について、リサーチしてまとめてみました。グルメ情報からドラマのロケ地、手塚治虫が住んでいたアパートと閑散な街ですが、楽しめるところが意外にあります。

雑司ヶ谷にある鬼子母神の魅力に迫ります。

鬼子母神周辺のグルメ情報!厳選

鬼子母神の周辺には個人経営の美味しいお店がいくつもあります。実際に鬼子母神に行かなくても散歩がてらに行ってると面白いかもしれません。

鬼子母神にあるキアズマ珈琲はオシャレな店内

「鬼子母神大門 けやき並木」の雑司ヶ谷案内処の隣にあります。横開きの透明の扉はやや開けにくさを感じますが、店内は木目調でとってもオシャレ。店内は全部で10名弱のキャパでジャズやクラシックが流れていました。

コーヒーは1杯500円~飲むことが出来ますが、長居が出来るので一人で読書しに行くのにはオススメの場所です。

▼深入りのブレンドコーヒー(500円)

山ちゃん

コーヒーの香りがよく、まったりした時間を過ごすことが出来ました。

鬼子母神の近くのたい焼き屋「ひなの郷(ひなのさと)」が有名?!

鬼子母神堂の参道入り口の近くに佇むテイクアウト専門のたい焼き屋さんです。人気があるのは子宝のご利益があると言われてる鬼子母神にちなんだ「子宝たいやき(170円)」

店内はたい焼きを作ってるので温風が室温が高めです。

▼十勝産のあずきをふんだんに使ってる(あずき200円)

雑司が谷のおいしいメロンパンはホントに美味しかった!

ここはアルテリア・ベーカリー雑司が谷店。「おいしいメロンパン」という挑戦的な看板が際立ちますが、味は看板の名前にウソ偽りなく、ホントに美味しかったです。

▼プレーンメロンパン(170円)

山ちゃん

周りはクッキー生地でサクサクで、中はふんわりしていて絶品でした。

鬼子母神の周辺はガッキーのドラマで使われていた!

2018年10月-12月に日本テレビでやっていた『獣になれない私たち』(通称、けもなれ)でバッチリ映っていました。

私はこのドラマが面白いとネットで面白いと騒がれていたので、観ることにしました。男女の仕事や恋愛の悩みを、共感出来るくらいドラマの中で表現されていて他人事には感じることが出来ずに毎週欠かせずに観ていました。

鬼子母神はけもなれのドラマ現場だった

初めて鬼子母神に行ったとき「あれ恒星の事務所じゃね?」と直感的に思いました(笑)けもなれが終わって、半年以上経過していましたが全然忘れてなかったです。

▼根本恒星(松田龍平さん演じる)の事務所兼自宅。
現在は賃貸のマンションと「ツジヤ」というバーになっています。

山ちゃん

恒星は税理士・会計士でしたが、実際のロケ地も会計士の事務所とは思いませんでした。

クラフトビールのお店「5タップ」はココ

けやき並木通りに5タップのお店があります。とはいえ民家をロケ用に変えただけなので、ココでクラフトビールが飲めるわけではありません。

現在は空き家になってるようで外観も様変わりしてるので、なかなか気づけませんでした。

▼クラフトビールのお店「5タップ」
住所は東京都豊島区雑司が谷3-19-3

鬼子母神には手塚治虫さんが住んでいた

1954年10月から南長崎にあるトキワ荘から転居し、2年半くらい住んでたのがここ並木ハウスです。登録有形分化財に指定されていて、外観も当時の状態で保たれています。

家賃は当時3,000円程度(現在だと3万円程度)だったので決してお金があったわけではないと思われます。

並木ハウスまで行ってみた

雑司ヶ谷案内処の隣にある脇道を入っていくと、そこには並木ハウスがあります。今現在もオーナー様がアパートとして賃貸しているので、住んでる方もバッチリいます。

手塚治虫さんは210号室に住んでいたようで、建物2Fの正面左のお部屋です。

▼並木ハウス

鬼子母神のケヤキ並木は癒される

都電の鬼子母神前駅から鬼子母神堂に続く参道には、約100メートルのケヤキ並木が続いていて、目を見張るほど立派なものである。

中国人や風俗のイメージが強い池袋とは思えないほどの落ち着きがあって癒しを受けることが出来る通りと言える。

雑司ヶ谷案内処も道中にあるし、海外から来た観光客もチラホラ見かけるので観光名所としても人気なのでは?と思わせるほどでした。

▼ケヤキ並木通りは散歩には丁度いい

鬼子母神に来たなら都電荒川線に乗ってみよう

鬼子母神から徒歩2-3分のところに都電荒川線の鬼子母神駅があります。都電荒川線は1車両のみで、一律大人170円/子供90円の電車賃です。

路面電車になるのでそれなりに揺れますが、昭和レトロを味わえるとコアなファンも多いようです。

都電荒川線には1日乗車券があるよ

大人400円/小児200円で都電荒川線を1日に限り何回でも乗車することが出来ます。3回乗り降りすれば元が取れるのでお得だと思います。

当日でも前売りでも買えることは出来ますが、都電荒川線はほとんど無人駅なので購入する場合は、運転手さんに声をかけましょう。

また、パスモとスイカでこの1日乗車券を買うことも出来ます。当日券のみの扱いとなりますで車内で運転手さんに言えば、すぐにやってくれます。

鬼子母神周辺のトイレと駐車場について

鬼子母神周辺になるトイレや駐車場の情報を下記にお伝えします。

鬼子母神のトイレってどこにあるの?

鬼子母神の隣にみみずく公園があってそこにトイレがあります。そこが最も近いトイレとなりますが、壊滅的に汚いです、トイレットペーパーもない時がほとんどです。(;^_^A

公園のトイレなので仕方ないとは思いますが、オススメは副都心線の雑司ヶ谷駅にあるトイレを利用することです。

ベビーチェアやベビーシート、オストメイトもあるので子連れの方には優しいトイレです。歩いて4-5分あれば行けるくらいの距離にもなります。

鬼子母神の周辺駐車場って?

まず、鬼子母神には駐車場がないので近隣のコインパーキングを使うことになりますが、鬼子母神付近の駐車場はいつくかありますが、台数が2-3台しか停めれない所が多いのです。

タイムズ 雑司が谷第5であれば、11台まで停めることが出来るのでオススメです。

台数 11台
営業時間 24時間
料金 8:00-20:00 25分 300円
20:00-08:00 60分 100円
※駐車後24時間 最大料金1600円
現金以外のお支払方法 タイムズビジネスカード、タイムズチケット、クレジットカード

まとめ

鬼子母神周辺は静かな街並みで楽しめるお店や観光ポイントがあったので私は十分に楽しめることが出来ました。ケヤキ並木通りは秋になるとケヤキの色が真っ黄色になるそうです。季節によって楽しみ方が分かるのもいいですね。

また、行ってみたいお店もいくつかあったのでその都度情報も更新していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です