鬼子母神には安産祈願で妊婦がたくさん!オススメのお守りも紹介

雑司ヶ谷にある鬼子母神には、安産・子育てのご利益があるので多くの妊婦さんが来ています。私は鬼子母神の近くに住んでいて、安産祈願って何やってるの?と思ったのと同時に、鬼子母神をほこりにも感じてるので調査しました。

鬼子母神で安産祈願をしよう

鬼子母神に着いたら妙見堂(お賽銭を入れられる本堂的なところ)に行けば、参拝が出来ます。

お賽銭箱の左側から本堂に入ることが出来ます。巫女さんと思われる女性の方に「安産祈願をお願いしたいんですけど」というと、案内をしてくれます。

安産祈願にはどれくらいの時間がかかる?

平日は空いてることがほとんどなのですぐに安産祈願が出来ます。費用は御祈祷料は5000円から、腹帯が必要なら3,000円。

中には歴史を感じさせる風車、鏡、風車がありましたが、写真撮影は一切禁止したので撮ることは出来ません

初めに申込書を書いて札を作成して、御払いと御祈願をします。時間にして10-15分で終わります。

鬼子母神で安産祈願の予約も出来る?

電話で事前に予約をすることも可能です。特に戌の日の休日は大変混雑するそうなので、予約をした方がいいかもしれません。1日の終わりは16時の枠が最後となり、先の予約については特に決めてないとのこと。

鬼子母神:03-3982-8347(9:00-16:00)

なお、安産系の祈願はこの通り。

授産福子:
子供を授(さず)かりたいとの願いが叶(かな)いますように。
岩田帯:
子供が授かって五カ月目に安産を祈願しておなかに巻きます。
お宮参り:
生まれて初めてのお参りで誕生の感謝を報告し、お守りいただけますように。
発育増進:
これからの無事成長をご守護いただけますように。
お草履(ぞうり)とり:
鬼子母神様にお弟子入りして、お守りいただきます。お弟子にはお草履をお授けし、年限を決めて月参りして下さい。毎朝ご祈願いたします。
七五三祝祷:
幼児期の節目を無事乗り越えたことを報告し祝う祈りです。
虫封じ:
心身不安定期の子供にとりついた疳(かん)の虫が離れますように。

鬼子母神で安産祈願のお守りも入手出来る!お値段は?

もちろん鬼子母神では安産祈願のお守りを購入することが出来ます。ただ種類は2つのみ。

・安産守り(赤と白) 1,000円
・安産守り(桐箱入り) 1,500円

桐箱入りだと携帯しにくいということで、袋入りの安産守りを選ぶ人の多いようです。

山ちゃん

私は赤の安産守りを買いましたが、後日に友達に渡したところ喜んでくれてました。お土産感覚で渡せるのも袋入りの良さかもしれません。

鬼子母神の境内の様子

鬼子母神の境内の様子についてもすこしお伝えします。

鬼子母神石像

境内には、かの有名な「鬼子母神」の石像があります。鬼子母神はインドの夜叉神の娘で、嫁いで500-1,000近くの子供を産んだと言われています。

しかしその性格が凶暴な面もあり、近隣の幼児を食べることもしていたので多くの人間から恐れられていました。

お釈迦様は、彼女の過ちから救うことを考え、鬼子母神の末子を隠してしまったのです。

そのとき、鬼子母神は悲しみ嘆きました。

子を失う悲しみをこれまで感じたことが無かった彼女は、それを実感させられて改心するようになりました。

その後、鬼子母神は安産・子安の神様となることを誓い人々に尊崇されるようになりました。

▼鬼子母神石像は柔和で優し気な顔つきをしています。

雄株の大公孫樹(おおいちょう)は「子授け銀杏」

東京都指定天然記念物で高さが約33m、幹の周囲は約11m、樹齢約700年のイチョウの木。

このイチョウの木「子授け銀杏」とも呼ばれ、子授けのご利益があるといわれていて、昔は子宝を願って大イチョウを抱く女性の姿も見られたそうです。

▼大公孫樹(おおいちょう)はとにかく立派です。ただし、イチョウの木の中は立ち入り禁止です。

山ちゃん

秋になると、あたり一面が黄金色に輝く落葉の絨毯になるそうです。写真は5月に撮ったものなので、秋になったらぜひ見に行きたいです。)

鬼子母神におせんだんご屋さんがある?

おせんだんごというお店が境内にあります。メニューはあんこと焼き団子が1本ずつとお茶がセットになった「2本入 お包み」だけ。税込540円でいただけるようです。

店内で食べることも出来るがお店の周りには、フクロウのベンチ?椅子?があるのでそこに座って休憩がてらお団子を嗜むのもありかなと。

私が行ったときは休みで食べることが出来ませんでした(‘◇’)ゞ

▼おせんだんご、毎週土日10:00-16:30に営業

鬼子母神で安産をありがとうのお宮参りも忘れずに

無事に赤ちゃんが生まれたら、感謝の気持ちを込めてお宮参りをしましょう。

鬼子母神で腹帯とお守りは返納しよう

鬼子母神では返納所があるのでいつでも腹帯とお守りを返納することが出来ます。また毎年7/6 14:00~返納式が行われるので、タイミングが合えば参加するといいかもしれません。

山ちゃん

腹帯は記念に持ち帰る人も多いようです。

鬼子母神って「きしもじん?」それとも「きしぼじん?」って読むの?

正解は「きしもじん」です。しかし都電荒川線の鬼子母神前駅では「きしぼじん」と読みます。
正確には鬼子母神の「鬼」の字の角はつきません。

鬼子母神へのアクセス

住所:〒171-0032 東京都豊島区雑司ヶ谷3-15-20
電話:03-3982-8347

山ちゃん

池袋駅東口からだと徒歩20分、目白駅からだと徒歩25分くらいでした。

まとめ

鬼子母神の安産祈願とお守りについて、歴史的要素を入れてお伝えしました。大公孫樹で自然を楽しめて、おせんだんごで休憩も出来て、鬼子母神は妊婦さんには優しいお寺です。

鬼子母神の付近は散歩にも適してる場所なので、妊婦さんの運動がてら立ち寄ってみるといいかなと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です