ソフトバンク光に再契約・再加入するには? 工事の有無や注意点も解説

「ソフトバンクを再契約・再加入したいけど、どうしたらいいの?」

ソフトバンク光は過去解約した方が再度利用することが可能です。もしくは引越し先でもソフトバンク光を利用しようと思っているかもしれません。

今回は、ソフトバンク光を再度利用したいと検討されている方を対象にお得に再契約・再加入する方法を解説していきたいと思います。

2019年7月より再契約・再加入が手間なくできるようになりました。デメリットや注意点についてもまとめているので、ソフトバンク光の再契約・再加入を検討されている方は必ずチェックしてください。

GMOインターネットグループ株式会社(GMOとくとくBB) 株式会社エヌズカンパニー


最大37,000円キャッシュバック
>>>公式サイトはこちら


最大37,000円キャッシュバック
>>>公式サイトはこちら

GMOとくとくBBで実施しているソフトバンク光のキャンペーンは以下の記事で解説しているので、興味ある方はぜひチェックしてください。

>>GMOとくとくBBのSoftBank 光キャンペーンは?メリットや注意点

ソフトバンク光を再契約・再加入する方法と流れ


結論になりますが、ソフトバンク光を再契約・再加入するときは、代理店経由で申し込みしてください。

ソフトバンク光の公式キャンペーンのほかに、代理店独自のキャンペーンが適用されてお得に利用できるからです。

主に以下のケースによって手続きが異なります。

  • 現住所で利用するケース
  • 引越し先で利用するケース

順番に見ていきましょう。

現住所で利用するケース

以前ソフトバンク光を契約していたけど、他社回線の乗り換えなどの理由で一度解約している場合です。

現在、何の回線を契約しているかによって手続き方法が異なります。

まとめると次のようになります。

現在契約している回線 工事の有無 手続きの流れ
NURO光やコミュファ光などの他社回線 あり 代理店に申し込み後、他社回線の解約
ドコモ光やビックローブ光などの光コラボ なし 現在契約している光コラボで「事業者変更承諾番号」を取得し、代理店に申し込み
UQ WimaxなどのポケットWi-Fi あり 代理店に申し込み後、他社回線の解約
未設(何もネット契約をしていない) あり 代理店に申し込み

それぞれチェックしてくださいね。

山ちゃん

事業者変更承諾番号は後述しますね。

引越し先で利用するケース

一方で、引越し先でソフトバンク光を利用する場合は下記の2つがあります。

  • ソフトバンク光の公式サイトで移転手続きを行う
  • ソフトバンク光の代理店で解約新規を行う

ソフトバンク光は移転費用が無料です。工事費用が一切かかりません。

移転手続きはこちらから可能です。

ただし、契約事務手数料3,300円(税込)と光電話やホワイト光電話、ソフトバンク光テレビを利用するときは、別途発生します。

しかし、代理店経由で解約新規をすると、お得に加入できることがあります。

解約新規とは、現在利用しているソフトバンク光を自身で解約して、引越し先で代理店経由で新規で申し込みする方法です。

山ちゃん

新規で申し込みをするとキャンペーンが適用されるため、公式サイトで移転手続きをするよりはお得に使えます。

ソフトバンク光は2年契約ですが、最大37,000円のキャッシュバックがあるため解約新規がお得です。

たとえば、利用期間が1年の場合、ソフトバンク光の解約金が「解約金10,450円+工事費残債1,100円×(24ヶ月-12ヶ月)=23,650円(税込)」かかります。

山ちゃん

しかし、37,000円キャッシュバックがされれば「37,000円-22,450円=13,350円」お得になる計算です。

解約新規でぜひ活用してほしい代理店はこちら。利用したことのない方へお申し込みください。

GMOインターネットグループ株式会社(GMOとくとくBB) 株式会社エヌズカンパニー


最大37,000円キャッシュバック
>>>公式サイトはこちら


最大37,000円キャッシュバック
>>>公式サイトはこちら

GMOとくとくBBで実施しているソフトバンク光のキャンペーンは以下の記事で解説しているので、興味ある方はぜひチェックしてください。

>>GMOとくとくBBのSoftBank 光キャンペーンは?メリットや注意点

ソフトバンク光を再契約・再加入するときのポイント2つ


ソフトバンク光を再契約・再加入するうえで、以下の2つのポイントが大切です。

  • 申込先はソフトバンクに直接よりは代理店経由の方がお得
  • 事業者変更(再転用)で再契約がとても簡単に

それぞれ詳しく解説していきますね。

申込先はソフトバンクに直接よりは代理店経由の方がお得

以前ソフトバンク光で利用していたときの契約者名と住所が同一であっても、再契約は可能です。

ソフトバンク光の公式サイトで直接申し込みした方が安心できると考えている方も多いかもしれませんが、実際に利用するのは同じソフトバンク光です。

サービス内容が変わるわけでは決してありません。

先述した通り、代理店経由であれば、公式キャンペーンに加えて代理店独自のキャンペーンが適用されます。

しかし、過去利用したことのある代理店の場合、再度キャンペーンが適用されないこともあるため他社のキャンペーンを利用しましょう。

GMOとくとくBBであればキャッシュバック金額が最大37,000円。手続きも申し込みのときにまとめてできますし、振り込み時期も開通して2か月程度です。

>>GMOとくとくBB×ソフトバンク光の詳細を確認する

事業者変更(再転用)で再契約がとても簡単に

事業者変更(再転用)とは、光コラボから光コラボへ変更すること。2019年7月からは事務手続きだけで変更できるようになりました。

山ちゃん

光コラボとは、SoftBank 光、ぷらら光、So-net光、OCN光といったサービスを考えてください。

今、現在契約している光コラボで「事業者変更承諾番号」を取得して、新規に契約する光コラボで申し込みするだけです。

MEMO
事業者変更承諾番号とは、アルファベットと数字を組み合わせた11桁。

固定英数字:1桁(東日本⇒F/西日本⇒T)
承諾期限 :4桁
発行番号 :6桁

元々、他社の光コラボから、ソフトバンク光へ変更するときは、新規工事をする必要がありました。

山ちゃん

それが不要になったのは大きなメリットでしょう。

固定電話の番号が変わらない

以前は、他社の光コラボで固定電話を利用していると、ソフトバンク光に切り替えると電話番号が変わりました。

これは光コラボ間で番号ポータビリティという電話番号を移行する作業ができないためです。

これを回避するために、一旦NTTアナログ電話に戻して光回線に移行する必要がありました。(これをアナログ戻しといいます。)

何度も工事をする必要があり、手続きも面倒のため、現状の光コラボを使いつづける方が多くいました。

しかし、事業者変更(再転用)ができるようになり、アナログ戻しの必要もなく固定電話の番号は変わることなく使えます。

ソフトバンク光を再契約・再加入するときのデメリットや注意点とは?


ソフトバンク光の再契約・再加入にメリットが多い印象がありますが、デメリットや注意点に関しても言及していきます。

  • 今の回線で解約金がかかる
  • ドコモ光に加入する際に事務手数料がかかる
  • 切り替わったタイミングがあいまい
  • 工事が必要な回線もある

上記4点の詳細をご説明します。

今の回線で解約金がかかる

現在、契約している光回線やポケットWi-Fiで解約金が発生することがあります。しかし、ソフトバンク光では最大10万円(税込)まで補填できるため、足が出ることはまずありません。

ソフトバンク光の解約新規であれば、代理店キャッシュバックが最大37,000円もあるので、損をすることは少ないでしょう。

ソフトバンク光に加入するときに費用がかかる

ソフトバンク光に加入する際に、再契約でも3,300円(税込)の事務手数料がかかります。完全に無料で申し込みできるわけではありません。

切り替えタイミングがあいまい

事業者変更ができるようになって工事不要でソフトバンク光に乗り換えができるようになりましたが、切り替わったタイミングが分かりにくいです。

再契約したソフトバンク光の契約スタート日は、契約書や申込書にしっかりと記載されているため、しっかりチェックしましょう。

工事が必要な回線もある

前述しましたが、ソフトバンク光に戻すときにNURO光やコミュファ光といった光回線を利用していると、工事が必須です。

ほかにも以下だと回線工事をしなければなりません。

MEMO
auひかり、nuro光、コミュファ光、eo光、ピカラ光、メガエッグ、ビビック、ケーブルテレビ、ポケットWi-Fi、ホームルーター

また、現時点でネット契約を何もされていない場合も工事は必要となります。

ソフトバンク光はGMOとくとくBBと株式会社エヌズカンパニーがおすすめ


ソフトバンク光の代理店はたくさんありますが、中でもGMOとくとくBBと株式会社エヌズカンパニーがおすすめです。

それぞれのキャンペーンを比較すると以下の通りです。

代理店名 【新規・乗りかえ】代理店キャンペーン 【転用・事業者変更】代理店キャンペーン
GMOとくとくBB ・キャッシュバック37,000円
・キャッシュバック32,000円+無線ルーター
・キャッシュバック16,000円
・キャッシュバック10,000円+無線ルーター
株式会社エヌズカンパニー ・キャッシュバック37,000円
・キャッシュバック32,000円+無線ルーター
・キャッシュバック15,000円

この2社はソフトバンク光の代理店の中でもトップクラスにキャンペーン条件がよいです。

GMOとくとくBBは母体がGMOインターネットグループ株式会社で安心できる、一方株式会社エヌズカンパニーの創業は2009年と比較的新しい会社ではありますが、ソフトバンク光を取次ぎしたお客様の口コミや評判を4,500件以上公式サイトで公開しているため信頼できる、両者ともこのような理由でおすすめできます。

また、以下のソフトバンク光の公式キャンペーンが合わせて適用されます。

キャンペーン名 内容
工事費用実質無料 工事費相当分を月額基本料金より割引もしくは、普通為替で返金
おうち割光セット ソフトバンクもしくはワイモバイルのスマホ1台あたり1,100円割引
違約金と撤去工事費が満額還元 他社解約金と撤去費を最大10万円まで補填
Wi-Fi機器無料レンタル ソフトバンク光が開通するまでポケットWi-Fかソフトバンクエアーの無料貸し出し

山ちゃん

キャンペーンのダブル取りなのでとってもお得ですね。

まとめ

ソフトバンク光の再契約・再加入をするときは以下の代理店で申し込みをするのがおすすめです。最大37,000円のキャッシュバックが付いているので、お得に利用できる方が多いのではないでしょうか。

ただし、同じ住所で同じ契約者で申し込みするとキャンペーンが適用されない可能性もがあります。代理店が被らないように再契約・再加入しましょう。ソフトバンクやワイモバイルのスマホがなくでも申し込みができるため、気軽に問い合わせてみてくださいね。

GMOインターネットグループ株式会社(GMOとくとくBB) 株式会社エヌズカンパニー


最大37,000円キャッシュバック
>>>公式サイトはこちら


最大37,000円キャッシュバック
>>>公式サイトはこちら

※利用したことのない方へお申し込みください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。