ドコモ光を再契約する時の申込先や流れは?デメリットや注意点も!

以前利用していたドコモ光に再契約をしようか考えてるそこのあなた!

実を言うと、2019年7月からその再契約がとっても簡単になりました。

工事も不要で、固定電話の番号も変らないでドコモ光に戻せるかもしれません。

ドコモスマホのユーザであれば、ドコモ光でまとめてもらうと割引もしっかり入るため、今までよりもお得になります。

ドコモ光取り扱い代理店

GMOインターネット株式会社 株式会社Wiz

キャッシュバックが最大20,000円でdポイントも2,000ptプレゼント。
>>詳細はこちら

キャッシュバックは最大20,000円。工事までにモバイルルータの無料貸し出しサービスあり。
>>詳細はこちら

ドコモ光の内容は以下の通りになります。

  • 戸建て5,200円/マンション4,000円
  • 2020年9月から工事費無料
  • 無線wifiルーター無料レンタル
  • 初期費用は3,000円

ドコモ光を再契約する場合、契約者名と住所が同じ場合、キャンペーンが適用外になるケースがあります。そのため、別の代理店のキャンペーンを利用しましょう。

ドコモ光に再契約する時の申込先や流れについて

ドコモ光に再契約する際に申込先は代理店経由で申込した方がお得です。

また、流れについても代理店で申込して「事業者変更承諾番号」を取得して今の回線を解約するといったくらいです。

分かりやすくポイントを絞ると以下の通りになります。それぞれ詳しく解説していきますね。

  • 申込先はドコモに直接よりは代理店経由の方がお得
  • 他社の光コラボであれば工事は不要で変更可能
  • 固定電話があっても番号が変わらない

申込先はドコモに直接よりは代理店経由の方がお得

以前ドコモ光で利用していた時の契約者名と住所が同一であっても、再契約は可能です。

ただし、注意をした方がいいのは、ドコモで直接再契約するよりは、代理店経由でやった方がキャンペーンが代理店特有のが適用されるため、断然お得だということ。

ドコモで直接やったほうが安心できると考えてる方も多いかもしれませんが、実際に利用するのは同じドコモ光です。サービス内容が変わるわけでは決してありません。

もちろん、ドコモ光には工事費無料やdポイントプレゼントなどのキャンペーンがありますが、これはあくまで公式キャンペーン。

代理店経由であれば、これにキャッシュバックや無線ルータの無料レンタルが入っています。

GMOとくとくBB×ドコモ光では他の代理店よりも、代理店キャンペーンが豊富です。

他社の光コラボであれば工事は不要で変更可能

例えば現在、SoftBank 光、ぷらら光、So-net光、OCN光などの光コラボを利用している場合、ドコモ光に戻すのは工事をしないでやれるので、非常に簡単です。

これは事業者変更(再転用)が2019年7月から出来るようになったからです。

事業者変更(再転用)
光コラボレーション事業者が提供するフレッツ光の設備を使った光サービスをご利用中の利用者が、新たに工事を実施することなく、他の光コラボレーション事業者が提供する光サービスのご契約に変更する手続きのこと。
引用:https://www.nttdocomo.co.jp/hikari/application/collabo_change/

それまでは他社の光コラボから、ドコモ光に戻す場合工事が必要でした。その内容はモデムと外の線の交換。

山ちゃん

モデムとは、お弁当箱サイズのランプがピコピコ光ってる箱の事です。よく固定電話やパソコン、無線ルータに接続されています。

光コラボサービスは全てNTTフレッツ光の回線を利用しているため、NTTモデムを使います。

光コラボから光コラボに変更する場合、それぞれ同じNTTモデムが設置されるという異様な光景でした。そもそも工事後も同じNTTの設備を使うのは代わり映えがしません。

固定電話があっても番号が変わらない

他社の光コラボで固定電話を利用していると、ドコモ光に切り替えると電話番号が変わってしまいました。

NTTアナログ電話で発番された番号であっても移行することが出来なかったため、一旦NTTアナログ電話に戻して光回線に移行する必要がありました。(これをアナログ戻しといいます。)

しかし、事業者変更(再転用)が出来るようになり、アナログ戻しの必要もなく固定電話は変わることなく使えます。

これは仮に光発番の電話番号であっても変ることはありません。

ドコモ光を再契約する時のデメリットや注意点って?

とはいえ、ドコモ光を再契約する時にデメリットや注意点とかあるでしょという声も上がってきそうですね。

強いてあげると以下の4つになるでしょう。一つ一つ解説していきますね。

  • 今の回線で解約金がかかる
  • ドコモ光に加入する際に事務手数料がかかる
  • 切り替わったタイミングがあいまい
  • 工事が必要な回線もある

今の回線で解約金がかかる

もし今利用しているネット回線やwifiサービスがあれば解約金がかかる可能性があります。

しかし、GMOとくとくBB×ドコモ光でドコモ光に入るとキャッシュバックが最大20,000円出来ますし、ドコモの方からdポイントが2,000円分貰えるのでおおむね違約金補填が出来るでしょう。

ドコモ光に加入する際に事務手数料がかかる

ドコモ光に加入する際に、これは再契約でも3,000円の事務手数料がかかります。今では事業者変更(再転用)が出来るので固定電話やテレビサービスを使っていても、事務手数料が3,000円だけです。

とってもシンプルで分かりやすいです。

事業者変更(再転用)が出来る前は、再度工事をし直すので、再度電話、ネット、テレビの工事費用がかかっていたのです!

他の光コラボからドコモ光に乗り換える場合や再契約する場合、最大70,000円近くかかってしまいます汗

切り替わったタイミングがあいまい

これは逆説的な考えになりますが、工事することなく戻せるということは戻ったタイミングがイマイチ分かりにくいと言えます。

再契約したドコモ光の契約スタート日は契約書や申し込み書に、しっかりと記載があります。

しっかりチェックしましょう。

工事が必要な回線もある

ドコモ光に戻す際に、工事が必要がネット回線もあるので混同しないように注意しましょう。下記の全てフレッツ光の回線でないので、工事が必要になります。

MEMO
auひかり、nuro光、コミュファ光、eo光、ピカラ光、メガエッグ、ビビック、ケーブルテレビ、モバイルルータ、ホームルータ

その場合に、PC設定が必要になりますが、「ドコモ光専用無料訪問サポート」を用意しているため安心できますね。

またもちろんですが、ネット回線をいまのところ未契約の場合も工事は必要となります。

ドコモ光の再契約が事業者変更(再転用)で簡単に?

上記でまとめたように、事業者変更(再転用)が出来るようになってドコモ光に戻すのはとっても簡単になりました。

ネット回線の乗り換えの案内を受けて、安くなるって言われて替えたけど全然料金が安くなっていないことも多いです。

このような方々は、手間も以前より少なくまたコストもかなり抑えて、ドコモ光の再契約を出来るようになりました。

  • ホントはドコモ光が良かったけど、良く分からないままネット回線を切り替えてしまった方
  • 以前ドコモ光を使っていたときは携帯がドコモじゃなかったけど、携帯をドコモに変えたため、このタイミングでドコモ光を再契約したい方
  • 家族が誤ってドコモ光から変更してしまい、元に戻したい方

以前のドコモ光よりドコモ光をよりお得に

知ってますか?ドコモ光が以前よりもパワーアップしてるんです。

v6プラスで速度が速い

GMOとくとくBBのドコモ光は【速度】に自信があります!とうたっています。

これまでプロバイダがIPv6接続に対応しておりませんでしたが、2019年あたりから徐々に対応されてきて、とくとくBBも「v6プラス」という形で高速通信を実現しました。

実際にホームページにて、全国の平均の速度も掲載しています。

そして100mbpsを下回ったら100ポイントのGMOポイントをプレゼントすると、打ち出しています。

山ちゃん

まったく持って異例のキャンペーンです。

キャッシュバックが増額

これまでドコモ光の代理店のキャッシュバックは10,000円までがほとんどでしたが、GMOに関しては最大20,000円までキャッシュバックをやっています。

映像サービスの入る必要がありますが、DAZN for docomoは初回31日間無料なのでリスクはありませんね。

・ドコモ光 5,500円 ⇒ 6,000円★
・ドコモ光+ dアニメストア 10,000円 ⇒ 10,500円★
・ドコモ光+ dTV 10,000円 ⇒ 10,500円★
・ドコモ光+ DAZN for docomo 15,000円 ⇒ 15,500円★
・ドコモ光+ スカパー! 15,000円 ⇒ 15,500円★
・ドコモ光+ ひかりTV for docomo 18,000円
・ドコモ光+ ひかりTV for docomo+ DAZN for docomo 20,000円

申し込み後の折り返し連絡希望日時を【平日14〜17時】に指定する場合に限り
★のついたキャッシュバック特典を【+500円増額】中です。

ドコモ光をGMOで再契約する

電話にて相談することも出来るので、お気軽に問い合わせてもいいかもしれませんね。

セキュリティサービスが1年間無料

GMOとくとくBB限定で、マカフィー・マルチアクセスが1年間無料で利用できます。PCやスマホ、タブレットも守れるので安心ですね。

なお、無料期間終了後は月額500円(税抜)かかります。

まとめ

以上、ドコモ光に再契約する方法でした。ドコモ光は以前よりもサービス内容やキャンペーン内容が良くなっていますので、以前のドコモ光に戻すメリットは多いのではないでしょうか?

同一住所で同一契約者だとキャンペーン適用外のリスクがあるので、代理店が被らないように再契約をしましょう。

家電量販店、電話、訪問などでドコモ光から別会社の回線に変更してしまった人も多いかもしれませんが、ドコモスマホを使っているのであれば、やっぱりドコモ光でまとめた方がお得になる方が多いですし、工事も不要で戻せるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です